スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹氏スピーチ


http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html?toprank=onehour

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040019000c.html



長いので、サイト紹介と一部だけコピペ


・・・(前略)

何故そんなことになったのか?戦後長いあいだ我々が抱き続けてきた核に対する拒否感は、いったいどこに消えてしまったのでしょう?我々が一貫して求めていた平和で豊かな社会は、何によって損なわれ、歪められてしまったのでしょう?

 理由は簡単です。「効率」です。

 原子炉は効率が良い発電システムであると、電力会社は主張します。つまり利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は、とくにオイルショック以降、原油供給の安定性に疑問を持ち、原子力発電を国策として推し進めるようになりました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました。

 そして気がついたときには、日本の発電量の約30パーセントが原子力発電によってまかなわれるようになっていました。国民がよく知らないうちに、地震の多い狭い島国の日本が、世界で三番目に原発の多い国になっていたのです。

 そうなるともうあと戻りはできません。既成事実がつくられてしまったわけです。原子力発電に危惧を抱く人々に対しては「じゃああなたは電気が足りなくてもいいんですね」という脅しのような質問が向けられます。国民の間にも「原発に頼るのも、まあ仕方ないか」という気分が広がります。高温多湿の日本で、夏場にエアコンが使えなくなるのは、ほとんど拷問に等しいからです。原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。

 そのようにして我々はここにいます。効率的であったはずの原子炉は、今や地獄の蓋を開けてしまったかのような、無惨な状態に陥っています。それが現実です。

 原子力発電を推進する人々の主張した「現実を見なさい」という現実とは、実は現実でもなんでもなく、ただの表面的な「便宜」に過ぎなかった。それを彼らは「現実」という言葉に置き換え、論理をすり替えていたのです。

 それは日本が長年にわたって誇ってきた「技術力」神話の崩壊であると同時に、そのような「すり替え」を許してきた、我々日本人の倫理と規範の敗北でもありました。我々は電力会社を非難し、政府を非難します。それは当然のことであり、必要なことです。しかし同時に、我々は自らをも告発しなくてはなりません。我々は被害者であると同時に、加害者でもあるのです。そのことを厳しく見つめなおさなくてはなりません。そうしないことには、またどこかで同じ失敗が繰り返されるでしょう。

 「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」

 我々はもう一度その言葉を心に刻まなくてはなりません。・・・以下省略








スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

No more

村上春樹氏 被爆国日本は核反対を
6月10日 13時21分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110610/t10013443373000.html


人文科学の分野で活躍した人に贈られるスペインのカタルーニャ国際賞を受賞した作家の村上春樹さんが、9日、現地で行われた授賞式のスピーチで、東京電力福島第一原子力発電所の事故について触れ、「被爆国の日本は核への反対を続けるべきだった」と述べました。

スペイン北東部のカタルーニャ自治州政府が人文科学の分野で国際的に活躍した人に贈る「カタルーニャ国際賞」が、9日、作家の村上春樹さんに授与され、現地で授賞式が行われました。地元メディアによりますと、村上さんは、受賞スピーチの中で東京電力福島第一原子力発電所の事故について触れ、広島と長崎に原爆を投下され被爆国となった日本にとって「核への反対を続けるべきだった」と述べたということです。さらに、原発事故は2回目の核の悲劇と指摘し、「今回は私たちみずから自分たちの生活を破壊してしまった」と述べたということです。また、村上さんは、震災後の日本が復興に向けて進んでいくと訴え、被災者を支援するために、賞金の8万ユーロ(日本円にしておよそ930万円)を寄付する意向を示したということです。カタルーニャ国際賞は、過去にはノーベル平和賞も受賞したアウン・サン・スー・チーさんや文化人類学者のクロード・レヴィ=ストロース氏が受賞しています。

NHK

***************************************



世界的に影響力のある春樹氏がこの時期に受賞したことにも意味があるかも。


「今回は私たちみずから自分たちの生活を破壊してしまった」


と彼は述べたそうだけど、


いつか、


再び私たちみずから自分たちの生活を破壊してしまった」


と言うことがないことを祈る。






彼がどんな反核の作品を描くのか、


とても楽しみ☆


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

消費税増税反対!!!

消費税 将来20%必要 社会保障改革案
2011年6月3日 東京新聞朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011060302000024.html


政府は二日、社会保障と税の一体改革を検討する「集中検討会議」(議長・菅直人首相)を開き、費用試算を含めた社会保障改革案をまとめた。消費税率は二〇一五年度までに10%まで段階的に引き上げることを正式に盛り込んだ。費用試算を踏まえると、将来的には20%程度の消費税が必要となる。使途は社会保障に目的税化し、東日本大震災の復興財源に充当する可能性は触れなかった

 政府は六月中に税制抜本改革を含めた一体改革案をまとめる方針で、与党幹部を交えた「コアメンバー会議」で消費税論議を本格化させる。ただ、与党内には消費増税に慎重論も根強い。

 5%の増税分は、改革案に盛り込んだ低所得者への年金加算など追加費用(約二・七兆円)や、基礎年金国庫負担の二分の一の維持に必要な不足財源(二・五兆円)、高齢化に伴う自然増分などへの充当を挙げた。使途には、年金、医療、介護に加え、子育てなど少子化対策も加えた。

 国と地方の消費税収の配分(国56%、地方44%)も、「役割分担に応じた配分」を実現するよう見直しを求めた。消費税率引き上げに必要な法整備については、一一年度中に行うことも明記した。

****************************************



この間まで復興財源のために消費税増税とか言っていたのに、

本当に社会保障が目的なんですか???



消費税導入のときも福祉目的とか言っていましたよね?



けど、本当に使われているのかどうかわからない。(><)



国民が納得しそうな理由をこじつけているだけにしか思えないんですけど。



テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

島根原発の安全対策、答えは1つ!

島根原発:避難計画「時間かけて対応を」 溝口知事、鳥取知事と意見交換 /島根
毎日新聞 2011年5月31日 地方版

http://mainichi.jp/area/shimane/news/20110531ddlk32040553000c.html


 島根県の溝口善兵衛知事と鳥取県の平井伸治知事は30日、松江市内のホテルで会談。東京電力福島第1原発事故を受けた中国電力島根原発(松江市)の安全対策について、原発から半径30キロ圏内の両県内自治体の避難計画について、意見交換をしながら策定する方針を改めて確認した。

 会談は中国地方知事会議に先立って行われた。島根原発を巡って両県は今月24日の「原子力防災連絡会議」初会合で、30キロ圏自治体の世帯数など基礎データの調査を実施することで合意している。

 会談後、溝口知事は「(中国地方は)原発の依存度は他地域と比べ高いわけではない。基本的問題について時間をかけてちゃんと対応し、チェックしていく」と語った。平井知事は「原発をどうするか。そこは立地(県知事)の責任と判断が必要」と前置きし、「隣接県としても安全の問題はぜひとも向上させてもらわないといけない」とくぎを刺した。

*************************************




そんなのんびりしたこと言っていていいんですか?




*************************************

鳥取県などで震度4

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011060400037

 4日午前1時57分ごろ、中国地方で地震があり、鳥取、島根、広島各県で震度4の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は島根県東部で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定される。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度4=鳥取県境港市、島根県雲南市、広島県庄原市
 震度3=鳥取県米子市、松江市、広島市、岡山県新見市、愛媛県今治市。(2011/06/04-02:47)


**************************************


安全対策というのなら、


停めちゃうのが一番!



依存していないんでしょう!


テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

今さらながら・・・

基準20ミリシーベルトを批判 仏の汚染調査団体

http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060101001126.html

福島第1原発事故を受け、5月下旬に福島県などで放射線量を測定したフランスの放射性物質の汚染調査団体CRIIRADのシャレイロン研究所長は1日、都内の日本記者クラブで記者会見し、日本政府が計画的避難区域の基準とする年間20ミリシーベルトの積算被ばく線量について「高すぎる」と批判した。

 シャレイロン氏は、事故直後に周辺住民は大量に被ばくしているとみられ、数値をより低く設定する必要があると指摘。「20ミリシーベルトという基準は外部被ばくだけで、呼吸や汚染された食品の摂取による内部被ばくは含まれていない」と批判した。(共同)
2011/06/01 21:12 【共同通信】

****************************




私は専門家じゃないからよくわからないけど、


ドイツの年間0.9ミリシーベルトと比較すると、


約22倍ってのは、やっぱり怖い。






日本の被爆治療の技術が遅れているからって、


勝手に被験者を作らないでください。




それから、


癌の放射線治療も後進国


だからって、癌患者を増やしたりしないでくださいね。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

ポン2525

Author:ポン2525
地震で心が噴火を起こしました。
そろそろアラフィフのポンがいつもニコニコ笑っていられる世の中になることを祈って書いています。

最新記事
月別アーカイブ
きのこ組天然酵母
光合成細菌
菅討軍
東京電力の消費電力量
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。