FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸海岸の津波のこと。

時々インターネットから離れた生活をしてしまいます。(><)

熱心なブロガーでなく、申し訳ありません!!!

読んでいただいている方々に感謝申し上げます。


**************************



吉村昭氏の『三陸海岸大津波』を読みました。

津波後、再販されるということで、

急いで予約し、先月購入したのだけど、

GWまで読めずにいて。。。




明治29年と昭和8年の三陸海岸での大津波と

昭和35年のチリ地震津波を取材し、

証言や記事等を集めてまとめたもの。




311の津波の映像も凄まじかったけど、

吉村氏の本にもまた恐ろしく生々しい光景が描かれています。





科学的なデータではないけど、

明治29年の津波は、被害状況や証言などから

最高でも約50メートルの高さになったとのこと。




政府やマスコミは未曾有の津波と言っていたけど、

これだけの記録をまとめてくれた吉村氏に対して

また、記録を残してくれた先人たちに対して

失礼な話だと思いました。




とはいえ、

被災された方々に対しては、

教訓を活かしていないと責める気持ちはありません。




ただ、疑問に思うんです。




これほど長年津波と戦いながら生活してきた地域で

なぜ、今回のような大惨事になってしまったのだろうかって。




三陸海岸に住んでみえる人々が

どれほどの思いで津波と戦ってきたのか、

この本を読んで痛いほどわかるからこそ、

疑問に思うんです。




1つは、

やはり気象庁が、

岩手、福島3メートル、宮城6メートルと予測し、

その情報によって行動した人が多かったこと?

まさか、デマを流したわけじゃないですよね?





それとも・・・





地震から推測した津波の大きさと

実際の津波とが異なっていたとか?

つまり、地震による津波ではなかったとか?






津波に対する知識を

私たち内陸に住むものとは

比べものにならないくらい持っている地域で、

死者・行方不明者 25,056人(4日現在)

という犠牲者が出たという事実。





私たちがたまたま海岸で津波にあったというのとは訳が違う。





この本を読んで、

どうしても腑に落ちないんです。

とても悔しいんです。





もし、今回の津波が自然災害であるならば、

現在の技術では、

自然災害に対する警報・予測は

全く当てにならない

ということをはっきりと認識すべきだと思いました。




自然災害じゃなければ、なおさら当てにならないのだろうけど。。。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポン2525

Author:ポン2525
地震で心が噴火を起こしました。
そろそろアラフィフのポンがいつもニコニコ笑っていられる世の中になることを祈って書いています。

最新記事
月別アーカイブ
きのこ組天然酵母
光合成細菌
菅討軍
東京電力の消費電力量
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。